主人と結婚したことをきっかけに北海道に嫁いだこと

私は主人と結婚したことをきっかけに、関東地方を離れ北海道の地へ嫁ぐことになりました。
関東地方で暮らしていた頃は自宅に自家用車がなくても全く不便さを感じませんでしたが、北海道の地へ嫁ぐようになって、自家用車の有難さを改めて痛感しました。
北海道でも比較的都市部の方では交通の便が発達していますが、私たち夫婦が新居として選んだ場所は最寄りのスーパーマーケットまで買い出しに行くだけでも自家用車で20分以上の時間がかかってしまうため、私にとって自家用車とは必要不可欠な存在です。
夏場の時期は軽自動車でも快適に暮らすことができますが、冬場の時期は豪雪地帯となるため、私たち家族は軽自動車を保有せずに雪国適しているといわれている普通自動車を保有しています。
毎日のように自家用車に乗っているため、最低でも10年に一度ぐらいのペースで新しい車に乗り換える必要があるので、毎月自動車を買い替えるための費用としてお金を貯金するように心掛けています。